プロフィール

EULE

Author:EULE
最近はBLACKLAGOONの大尉も良いなと思ってる少佐が好きなHLEESINGのファン

月姫やFateが好きでも「あくまで那須きのこが好きなのであり、オタクではない!!」と強弁する

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

境界線
マンガや書籍、あるいは映画やテレビの感想や考察
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンピースのこの先の予想
雨のシリュウが瞬殺されたとは考えられないから、黒ひげに寝返ったと見るのが普通。
この先、ハンニャバルの下へ急いで向かうマゼランの前に対峙するか?

一方の黒ひげの目的は、最下層の囚人達を自身の海賊に組み込むことだと予想する。

ルフィたちがそうであるために、少数海賊団が当たり前のようになっているが、登場した海賊たちは基本的に、多数の配下を抱えた物であり、それが普通。それは白ひげだって例に漏れない。

そして黒ひげの目標とは、海賊王として成り上がること。

以上より、黒ひげは海賊王として成り上がるために、最下層の囚人達を海賊団員として組み込みたい。が、通常は不可能。そこで、白ひげとの一戦という名目を立ててインペルダウンを襲撃し、最下層の囚人を組み込む。

当然、そのような名目であろうとダメだといわれるのが落ちだろうが、既成事実化してしまえば、海軍(しいては世界政府)はそれ以上は文句が言えない。そして、大勢力となった上で、白ひげ討伐(及び七武海として)一時的な世界政府の庇護を受け、白ひげを殲滅して、海賊王として成り上がる。これが黒ひげの目的。

そもそも、ルフィたちは自分達の脱出のためとは言え、レベル5より上の囚人達は解放しているが、最下層の最悪にヤバイ奴らは解放していない。そして彼らは白ひげを恨んでいるようなセリフを吐いている。これは複線ではないだろうか?

次回でルフィと黒ひげは戦いそうだが、戦わない。戦っても、大した戦いにならない。
なぜなら、ルフィは一刻も早くエースを助けに行く(=脱獄)のが目的で、黒ひげは最下層が目的。だから、目的のすれ違いで戦わない。

これなら、ルフィがいると知らないはずの(あるいは知っていても、既にマゼランに倒されているはずの)インペルダウンに黒ひげがやってきた理由が立つし、
わざわざ七武海に加入したのに、インペルダウンという政府施設を強襲した理由も立つ。

という予想でした。



あと、黒ひげの旗が、3つの髑髏ってのは3人一組ってことなのかな?人の倍生きてるとか。
てっきり巨人族とのハーフとか何かで寿命が長いってことだと思ったんだが。「あいつら」も仲間のことだと。

だとすると、マリージョアに残っている黒ひげもいるのかな。
だから、黒ひげがインペルダウンを襲ったとしてもすぐには気付かなかったとか。
スポンサーサイト
ワシズ -閻魔の闘牌-の感想つうかなんつうか
ワシズ様がスピンオフで主人公やるって聞いた時は驚いたもんだけど、他の人もちらほら言っている様に、ワシズ様って主人公にした場合の魅力が無いんだよね。

確かに敵としてコレほど魅力的なキャラクターは早々無い。が、しかし、味方はおろか主人公にまでしてしまうとコレほどクエッションマークの出るキャラクターも珍しい。

だって、ワシズって何かカッコ良かった時あるか?
せいぜい脅威のドラ12くらいで、基本的にアカギの策にはまりっぱなし。そのドラ12も結局、その強欲でふいにして、屈指の名シーンが起こるわけだが。

結局、未だ一度もアカギに一矢報いたことすらなく、本編じゃ、ついに自分の血まで賭けだした。ん~ 実に死亡フラグ。まあ、最近は、安岡に裏切りをけしかけたり、逆にアカギに封じ手しかけたりでそこそこ上向いてきてはいるが。。

そんなワシズ様を主人公にした漫画『ワシズ -閻魔の闘牌-』。
作画のせいもあるのか何なのか、案の定、何の魅力も無い。近代麻雀に載ってる他の漫画と大差が無い。多分、表紙でワシズ!ってのが無ければ、見落としてた。もっとも、作画は仕方ないと見ても、福本じゃない時点で心理描写にも難があるしねぇ。作中唯一の見せ場?と言えるワシズの引っ掛けとそれに嵌った相手なんか福本じゃ下手したら1話使いかねないのに(苦笑、それはそれで問題だけどw)、あっさりしすぎ。その後の縛って顔に牌を押し付けたのはやり過ぎ。ギャグか。

天の赤城じゃあるまいに、老いて狂ってこその鷲巣巌であって、ワシズじゃやっぱりダメなんだろうね。
むしろワシズ様が今の地位にいるのは、その先見性で高級警察官僚を辞めて、その時に得た知識でコンサルタント会社やって成功したという設定なんだから、無理に麻雀漫画に仕立てるよりは、そっち方面でストーリー組み立てた方が面白そうな気が。

まあ、未だ1話だから安易に評価するのも早計なのかもしれないが、ワシズファンとしては頑張ってもらいたいなぁ。
一番笑った漫画あれこれ
■一番笑った漫画 1位『銀魂』 2位『ONE PIECE』 3位『稲中』 『マサルさん』  痛いニュース(ノ∀`)
オリコンの順位なんて、選んだ人間の理由を見るまでも無くどうでも良いが、スレにも、コメントにもホーリーブラウニーが無いのはショックだ。
あのギャグで、パロで、ブラックで、エロで、時に哲学的で皮肉的な作品は早々比肩する物が無い。
まあ、元々、成人向け雑誌に掲載されていて基本性描写が入る、特に極初期はギャグよりもそっちがメインの作品だから、1巻から読もうとするとまず敬遠されてしまうのだけど。
性描写が無い話が出てくるのは(それでも女性の裸は出てくるが)2巻の終わりの電波娘で、完全に性描写が無いのは、3巻の車椅子男。だから、まあ敷居が高い。

ただ、2chですら名前が出てこないのは、残念だ。本当に残念だ。

で、ホーリーブラウニーの宣伝はこの辺でやめて、
ワンピースも銀魂も好きな漫画だが(コミック買ってるし)、「一番笑った漫画」って問われると疑問符が。

まあ、確かに笑えるところもある。
ギャグ漫画である銀魂は言うに及ばず、ワンピースも、ついこないだだと、サンジの手配書ネタやったり(細かいギャグから、例えば一面使ったエネルがルフィに電気が利かなくて驚くシーンとか、いきなりこられて、つい立ち読みで噴出したこともあるけどさ)。

でも、笑える漫画かっていうとなぁ。
ワンピースを選ぶんだったら、封神演義の方が笑えるような。銀魂も、あれが何が面白かって言うと台詞回しが上手いことなんだよな。それはそれで1つのポイントだけど、ギャグその物はパロディが多いし。(もっともギャグその物じゃなくて、台詞回しの方がポイントが高いから、普通なら白けるような取ってつけたような良い話を差し込んできても、許容できるんだと私は思う。)

ただ笑ったというのに絞るなら、ボーボボ、ジャガーが出てくるが、この辺りは不条理ギャグで、これはこれでピンと来ない。

笑った漫画というより、笑える漫画を、記憶に残らない物より、記憶に残る物を。

そうくると初期のスクランかな(特に4巻を一番笑ったな)。劇画とまではいかないが、登場人物のリアルな顔アップのコマが出てくるまでは面白かった。比重がギャグから恋愛漫画に傾いてから酷くなってる(とは言え今でも播磨と沢近の絡みは面白いんだが)。そういえば、同じマガジン系なら、脳みそプルン!の戦国ハイスクール信長は忘れられない。

自分なりの順位
1.ホーリーブラウニー
2.スクールランブル(初期)
3.脳みそプルン!(戦国ハイスクール信長)
俺たちに名前など・・・・ 狼と呼べ・・・・
903CTTのヴォルマルフ中尉カワイソス。

抗体を手に入れた時点で殺す必要ないのに、大口径の銃で胸を撃たれて戦車ごとダムから転落!しかも、自分の殺した相手の名前を知ることも無く!

908HTTのハンスと比較すると、余計に可哀想な気がするが、そもそもオーランドなんかと同様に国家に見捨てられた存在であり、その辺が夜盗化した最大の理由なのに、夜盗なんかと比べ物にならない、人を焼き殺すことに生き甲斐を感じるハンスは結果として死んだといえど、助けようとするなんてさー

久しぶりに1巻読み返してみると新たな発見があったけど、そもそもヴォルマルフも、ハンス同様にオーランドを仲間と見てるんですよね。そう考えてくると余計にヴォルマルフは悪役というより、悲劇の主人公という気がする。

基本的に敵は皆殺し推奨の人間なので、ヴォルマルフの死亡のみなら何とも思いませんが、他の似たようなキャラは助けるというオーランドの根性が気に入らん。

と、最近アニメ化されて少しだけ知名度が上がった漫画について色々。


まあ、あの時のオーランドはランタンに火が点いていた状態だったし、3課に入る前だったからと言ってしまえばそれまでだが。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。