プロフィール

EULE

Author:EULE
最近はBLACKLAGOONの大尉も良いなと思ってる少佐が好きなHLEESINGのファン

月姫やFateが好きでも「あくまで那須きのこが好きなのであり、オタクではない!!」と強弁する

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

境界線
マンガや書籍、あるいは映画やテレビの感想や考察
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「プレステージ」の感想
まず、先に言うと、超科学が出てくるのが大きな失点。
少なくとも、観客は現実的な物語だと思って観てる(実際、ニコラ・テスラが出てくるし、名前だけならエジソンも出てくる)。まして題材は手品だ。どんなに、魔法に見えても、必ずトリックがあるという前提があるから、物語に意味がある。なのに、そのトリックが超科学で解決されてしまうならば、もう、言葉では言い表せない程に酷い(付け加えるなら、それに相対するボーデンのトリックも、また非常に単純な、ミステリーだとヴァンダインの二十則で禁止されてしまう程に安易な物だったから余計にがっかり。まあ、単純だからこそ物語に意味があるのだけれども)。

ただね、それでも私が上手いと思ったのは、ちゃんと作中に全部手掛かりが出されていること。超科学にしろ、ボーデンのトリックにしろ、ちゃんと作中に出てる(もし装置がちゃんと動いていたら帽子があそこにあるはずが無いもんね!「また、出血したの」もひっかかったんだけど、それが何を意味するかまで気付けなかったのが悔しい)。まあ、演出という点ではこの映画は確かに一頭飛び抜けていると思う。

ストーリーラインに関しては、大して考えずとも展開は読めるし、アンジャーの仕掛けた罠とか、装置を買いたがるコールドロウ卿の正体とか簡単にわかる。もっとも、先の超科学という点で「果たして、そうそうアンジャーの替え玉の酔っ払いが何人もいるものなのか?」と考えたけど。

まあ、そんな感じで、もしストーリーを文章で羅列するだけなら、おそろしく酷い映画。点数つけるなら30点もしない。ただ演出が上手い。
当時の時代背景が上手く描かれてるから、結果として超科学を使っているとしても、作品にリアリティを与えているし、話の肝である2人の確執ってのも人物描写が上手いから、こういうライバル関係を描いた作品の中では秀逸な部類に入る。ただ、ドロドロしすぎて、逆にどっちにも感情移入できないのが難点なんだが。そして、その2人の関係を通して描かれるマジックとは何か、マジシャンの心情ってのがこの映画における最大のポイントだろうね。ハリー・カッターことマイケル・ケインも良いし。
そして、トリックがわかっても、結末がわかってても、逆にわかってるからこそ、作品の中に埋め込まれたキーを見つける楽しさもあるし(まあ、公開時はそういう触れ込みだったらしいけど)。

そんなこんなで、非常に観終わった後、色々ともやもやする映画。
「なんだこの展開が読める映画は」と来て、軽くひっくり返されて、こんなの卑怯だと思いつつ、確かに手はオープンされてたわけで。上手いけど、上手いんだけど、何か後味が悪いつうか。先に述べた2人の確執がドロドロしすぎて感情移入できないってのも後味の悪さに拍車をかける。ただまあ、最低二回観て、楽しめる感じ。点数で70点(2回観れるからちょっと高めで)。


結局、ボーデンのロープは事故だったのだろうか、故意だったのだろうか、、、
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

「ラッキーナンバー7」の感想
アメリカではあまり評価が良くなかったらしいが、昨今のつまらない映画が蔓延する中、中々の良作じゃないかなと思ったんですが。(まあ、暇つぶしに見る分にはいいんじゃないかと。でも、暇つぶしに見ようとすると前半の緩みに耐えられるかな?)

とにかく場面場面で流れが違う。
突然、何の説明も無く人が死んだかと思えば、ウィリスが初対面の男にとある話を語る、かと思えばついてない主人公が現れ、コロンボ好きな隣人が推理を始める。
そういう振り回しに慣れてない人は退屈するかもしれないが、そこで振りまかれた伏線が最後に綺麗に回収されるのは10年かけて作っただけあって上手い。

ただ、細かい所を見ると気になる点がいくつかあるのは事実なんですけどね。
例えば、作中でグッドキャットが幼いスレブンを助けた理由が明示されてない。グッドキャットが組織を離れた理由も同じく。結局、グッドキャットは何がしたいのかわからない。
また、刑事の必要性が描き切れてない気がする。伏線は張ってあったし、最後の最後で綺麗にはまったけど、「いなくても良かったんじゃね?」という感じがした。舞台から孤立してたのに、何の脈絡も無く主軸に関わってきたというか。

でも、まあ、下馬評に反して面白い映画だった。60点かな。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

「ハイド・アンド・シーク -暗闇のかくれんぼ-」の感想
この手の映画をよく見ている人間なら、チャーリーの正体は早い段階でわかるだろうな。というより、こういう系統の映画でこの手の結末が多いような気がする。シークレット・ウィンドウもそうだったし。もっとも、確かに「実は他ならぬ自分だった」は意外性あるけど、結局、使い古されたネタに落ちてしまった。それを未だに使おうってのは、この手のジャンルの映画としては失格かな。とはいえ、ファイト・クラブやアイデンティティは割と面白かったですが。

そもそも、これって小説における叙述トリックだから栄えるんじゃなかろうか。まあ、原作が叙述トリックを用いていたかどうかは知らないけど、叙述トリックを映像作品で実現するのは難しい。

娘の絵だとか、いかにも精神病患者というような演出は良かったと思う。そこは物語のミステリアスさを引き出していただろう。何より素晴らしいのはチャーリー時のロバート・デ・ニーロの演技。これは本当に素晴らしかった。いかにも異常者という感じがでてた。この類の映画は奇抜なストーリー(まあ、先に述べたようにこの手の映画を好んで見る人間にとって奇抜なストーリーではないが。)なら、ストーリーで押し切ろうという傾向があるので、この辺りは評価できる点だろう。 個人的には65点くらい。

あと、アメリカだと1、2、3・・・ じゃなくて1001、1002、1003…と数えるんですね。そこが新しい発見だったかな。
ファイヤーウォールの感想
良くも悪くもハリウッド映画。

家族が人質にとられ、敵の要求を呑みつつ、父親が一人で敵に立ち向かう。
本当に典型的なハリウッド映画。逆に言えば、典型的なパターンだからこそ期待外れはしない。ただ、期待以上はない。

もっとも設定に銀行のセキュリティ部門の責任者が主人公であるとかで、題材がITになっていることゆえに、典型的といえどもある程度の新鮮さは確保しているし、主役をハリソン・フォードがやっていることなどは、配役の妥当性とみても実力とみても、文句は無いので、改めて言うが期待外れはしない。(ただ、期待以上は無い。)

あとハリソン・フォードよりも悪役の方が良かったと言えば良かったか。とにかくストーリーよりも俳優陣の出来が良い。だからこそ、典型的なパターンでも面白く感じられたわけだが。


これを見たのは去年の終わりだったけど、ハズレが続いていた時期だったので、良く見えたというだけかもしれない。映画ある程度見てる人の中には、「なんだ、お決まりパターンか」と思った人も少なくないだろうし。

ただ、よく作られるパターンということはそれだけ需要があるということの証左だから、たまに少し古い物を見て原点回帰とかするような人や、私みたいにハズレが続いている様な人にオススメかな。

おすぎが褒めてた映画としては珍しく良作か。
点数にすると65点。まあ、良くも悪くも無い微妙な点数ということで。
ファイヤーウォール 特別版 ファイヤーウォール 特別版
ハリソン・フォード (2006/08/04)
ワーナー・ホーム・ビデオ

この商品の詳細を見る

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。