プロフィール

EULE

Author:EULE
最近はBLACKLAGOONの大尉も良いなと思ってる少佐が好きなHLEESINGのファン

月姫やFateが好きでも「あくまで那須きのこが好きなのであり、オタクではない!!」と強弁する

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

境界線
マンガや書籍、あるいは映画やテレビの感想や考察
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

必殺仕事人2009スペシャルの感想
まあ、言うまでも無く酷いわけだが、何が酷いって、脚本と演出。

脚本の駄目なところを挙げればキリが無いが、まずテンポが悪すぎる。ただでさえ無駄な間が多いし、コントも面白みが無く中途半端だし、これが2時間続くってのが地獄。
大体、コント部分の意味が無いんだよね。ちょっとおかしな上司、田中様や怖い妻と姑にいびられる主水みたいに、ある種の世相を反映したコントじゃないし、かと言って、仕置人の赤フンドシやひかる一平をストーカーする玉助みたいなある種の良い意味でのケレン味でもない。加世と主水、壱のような物でもない。

興味を持続させる、ところどころの急展開や見せ場という物も無い。単にダラダラと話が進行しているような状態。
しいて言えば、妻の薬のために恵比寿屋主催の会合に乗り込んだ男のシーンがあるが、これは逆に不味い。乗り込んで、何の罪も無い孫娘の喉元に刃物を突きつけた時点で、悪者に同情する余地を与えてしまう。明らかに男の自業自得を感じさせる流れで、後になっていくら恵比寿屋がいかにも悪いというような演出入れたところで無駄。ってか、あの孫娘って何の意味があったの?恵比寿屋を悪人と見せる効果を減らす効果しかない(別に長屋を壊す理由なんてほかにも色々作れるしな)。

沢村だって、住人皆殺しがあった後に恵比寿屋の誘いに乗るんじゃなくて、その前に恵比寿屋の誘いに乗らせておいて、土壇場で裏切るの方が(武装解除も、恵比寿屋が仕事をしやすくするための罠だったとか)、よっぽど悪人らしく、死んだ時の爽快感が大きくなるのに、中途半端な悪人で終わるから、トリで殺されても中途半端な感じしかしない。何やら強い剣客っぽい設定も、主水との違いを見出せない不意打ちのせいで、中途半端感に拍車がかかる。悪人達に悪人らしからぬような中途半端さな部分を持たせて何の意味があるの?リアリティの追求や、悪人にも家族がいるんだと仕事人に対する罪悪感させる材料でも無しに。

松岡の、幼馴染の死で仕事を貰いに!ってのも弱いしな。正義感に惹かれていたのに土壇場で裏切られた幼馴染が一命を取り留めて復讐とか、あるいは、死ぬ直前に松岡に・・・ とか、もしくは沢村を殺すのが松岡ならまだ良いのに、そこで「はい、終わり」で、松岡と沢村に何の接点も無いんじゃ、意味が無い。結局、ある意味今回一番、時間を割いたような沢村と幼馴染のシーンが全て時間の無駄。

そして2007で、あちこちで仕事人は正義の味方じゃねえよ、と言われたせいか、今回は「殺しは手を汚すことなんだ」と主張しすぎて、逆にくどい。最後の川で手を洗うシーンはテンポ崩してまで入れるのに必要なシーンだったか?

で、枝葉末節、どうでも良いようなことへの辻褄合わせは変に時間割いてまでやって、「やべ、後期高齢者問題を上手く江戸時代に当てはめた俺の脚本家としての才能が恐ろしい」とか思って他の肝心な部分に力を入れなかったんじゃないの?これだって、医療問題や立ち退きを無理やり複合させたせいで何だか焦点がぼやけているような感じだったし。

演出は、特に殺陣での陰影の使い方は、2007と比べてだいぶ良くなったものだけれども、例えば、頼み人のシーンとかはコントラストが強すぎて、明らかにセット感丸出しで、何これ?だよ。頼み人の切実さが、コントみたいなセットのせいで台無しだよ!しかも、情報屋のお菊の演技がただでさえ「う~ん」なのに、中途半端なエコーかけて、余計に駄目にするってなぁ。

沢村とクノイチの海での会話も、違和感を感じさせるCG使ってまで、江戸城を写す価値ありました?と。

殺陣のシーンも、殺し技については良くなったし(相変わらずからくりの必要性は感じさせないが)、先述の陰影と合わせて大分向上した感はある。が、松岡の殺しの順序は変だろ。
普通、筆を回して刃を出すかっこつけるシーンをやってから対象を捕まえて殺すべきなのに、対象を捕まえてからかっこつける(それも中途半端に長い)から違和感が強い。たったそれだけの順序の違いで台無し。
からくり屋の殺し技は良いんだけど、いかんせんCGが違和感を出してて。。なんか世にも奇妙な物語見てる感じ。


そんなこんなで脚本と演出が酷すぎた。
非難対象になるだろうと思ってた役者は、2007よりも良くなって許容範囲にあったから、なんか余計に残念だ。特に茶髪の演技力が大幅に向上していたのには驚いた。あくまで前回との比較だし、前より露出が減ったせいだけかも知れんが。でも良くなった、と思ったら、「アッー!!」で台無し。やっぱダメだな(苦笑)
松岡は無理してまで声を出したところで違和感を与えるだけだから止めとけば良いのに。東山は軽さが軽減した気がしたが、やっぱり、殺陣については、主水と違いを出さないとキツいな。御大が卑怯な手を使うんだから、初期の御大や激突の朝右衛門みたいな正攻法的な殺陣をやれば良いのに(無論、暗殺者という前提でのだが)。

総じて、脚本と演出がよくなれば、そこそこ良くなるんじゃないか?と思った。ホント、2007からは良くなったわ。あくまで2007との比較だけど。
スポンサーサイト

テーマ:必殺シリーズ - ジャンル:テレビ・ラジオ

古畑中学生の感想
古畑中学生のできにホテル・アバンティをホテルジャックするが 1時間後トランプに刻まれて死亡


題して古畑厨二病
まあ、決して馬鹿にしているわけではなく、実際に中二病の古畑だったわけだから。そういう経緯があったという話で、むしろ完全無欠の少年時代を想像していた私にとっては、良い意味で裏切られた。

正直、ジャニーズに汚染された酷い作品になると予想してた。大体、ジャニーズじゃ無かろうと、あんなアクの強い中学生がいたって感情移入できないし、かといって古畑成分を抜いてしまえば、そんなの少年探偵団や探偵学園Qと何が違うんだと。だから、古畑の子供時代を描くという構想自体に無謀じゃね?と思ってた。それで、主人公がジャニーズならば、絶対、ジャニーズにかこつけて、一切の非が無く推理を展開する美形の天才少年を描くって形なんだろうって思ってたし。でも、結果からみればそう悪くない作品だった。

主演の山田涼介が演じる古畑にはやや難があったけど、全作品を観て勉強したというだけあって、一部のシーンでは、特に夜の学校に忍び込む場面での向島君とのやり取りは「古畑っぽいなぁ」と思わずにはいられなかった。監督は、無理に古畑を演じなくて良いなんて言ったらしいが(それがどこまで本当かはわからないが)、よっぽど山田の方が古畑中学生を正しく捉えてたんじゃないかな。

残念なことがあるなら、「古畑任三郎というドラマ」を古畑たらしめる形式である倒叙が無かったこと。最初に犯人が誰かわかって、それをどのように追い詰めるかが重要なわけで(トリックが杜撰だの、決定的証拠じゃないだの、これを勘違いしている輩が多いのは非常に残念だ)。
今回の話は事件そのものより、古畑が誰に影響を受けたかっての方が重要だったわけだから、そうでなくても良いといえばそれまでなんだが。

ひっかかることといえば、あれだけ頭の回転が早い校長が、なんで花壇の件に関しては向島君を一方的に犯人と決め付けたのか気になる。今回の話のストーリー上の唯一の欠点ともいえる。

あと個人的には最後の謎解きでの、原田泰三の本気なのか冗談なのかよくわからない台詞回しが良かった(笑)。
「世にも奇妙な物語 春の特別編(2008)」の感想
今回は、近年、酷い続きだったのを考えれば、中々面白かったと。

特に、「さっきよりもいい人」と「日の出通り商店街 いきいきデー」は、視聴者が展開を予測する行為その物への挑戦とも受け取れる内容で、オチを予想して楽しむ自分みたいな人間にとっては中々良かったw(まあ、前者はともかく、日の出通りは、基本的にオチを読む話じゃないけど。)

「透き通った一日」も、ありきたりなオチで終わると思いきや、最後に教頭で笑わせてくれたのが良かったですしね。教頭で誤魔化したとも言えなくも無いですが、でも、何の味気も無く終わるよりはよっぽど良かった。

バランスも良かったし、冒頭で述べたように今回は久々に及第点ってところじゃないでしょうか。


では、個別の感想。
■さっきよりもいい人
まったく救われない話だなw
オチの予測って意味では、結局、プロポーズも失敗なんだろうなと思っていたら案の定そうでw
ただ、そこからノーベル賞受賞までは思いつかんわ。「今日の占い」がキーだったんだから、あくまで1日だけだと思ってたしw

何らかの抜け道があれば良かったのになあと。ラッキーカラーは赤ってのが、重要な伏線だと思ったのに(苦笑)


■これ……見て……
展開が読めすぎる。
まあ、クライマックスへの布石である冒頭の図書館で本棚の向こうの彼を追っていくシーンで「ストーカーだ!!」なんて観てたから、「合鍵を貰った」じゃなくて「合鍵を作った」という台詞で、もう最後までね・・・・・・。合鍵の台詞はちょっと気をつけてればすぐわかるんだから、それよりも前にストーカーだと思わせるような描写は入れるべきじゃなかったと思う(それでも視聴者を騙せるかどうかだし)。

そんな感じで終始展開がミエミエの話だったが、あの謎の少年というキャラクターのおかげで雰囲気が変わる。
だけど結局、少年の正体は明かされないどころか、後半は無視。最初の警察官とのやりとりも描き切れてないくせに、ラストはそのまま終わらせるから、みんな中途半端。
タイトルや前半見ても、どう考えても視聴者が主に考えるは謎の少年の方なのに、結局「主人公がストーカー」だったとバレバレのオチで押し切る。つうか、使い古されたオチに新しい要素求めて少年出したんだと思ったら、使い古されたネタを誤魔化すために少年出したみたいで。
こんなありふれたオチで視聴者が満足すると考えてたとしたら、視聴者を馬鹿にしすぎてるよ。

まあ、一重に脚本が酷すぎたって感じかね。ありきたりとはいえ、そこそこ面白い要素があっただけに惜しいな。


■日の出通り商店街 いきいきデー
本田さん何してはるんですかww

これは、もう、そもそもがギャグ回なんで一々感想なんて野暮ですねw
(予想では、ラスボスが妻なんかなぁみたいに思ってましたけど、外れて残念w)


■透き通った一日
「これ・・・見て・・・」同様に簡単に展開もオチも読める話。
社会の理不尽さを描写する作品なら今までもあるし、そして他ならぬ自分もその一つに過ぎないってのも過去にあるしね。(最後にタモリが「人は自分がいじめられた記憶は持っていても、自分がいじめた記憶は案外無いものです」みたいな台詞を残したり。)

ありきたりとはいえ、別に致命的な何かがあるわけでも無いし、特別何の感慨もわからない話ってところでしょうかね。
だけど、最初に述べたように、最後の教頭オチのおかげで、随分救われた作品w
(あと、父親の倒産と母親の不倫は事実なんだよね、、)


■フラッシュバック
まあ、その日常が既に仮想体験であるってのは予想通り(これも過去に何回かあるネタ)。

ただ、今回登場した仮想体験装置の設定は上手いなと。
基本的にこういう近未来科学の産物(?)みたいなのが出てくると、どうしても非現実的に見えてしょうがない。設定で押し切る感じでリアリティを出そうとしない。
だけど、今回のそれは、意短くも、この装置の来歴を説明するシーンがあるおかげでリアリティがある(無論、その設定に現実性があるからだけど)。

だからこそ、最後に主人公の正体が明らかになるシーンに一定の重みができるわけで、そういう意味では同種の作品の中では上位の方だったと思います。

テーマ:世にも奇妙な物語 - ジャンル:テレビ・ラジオ

必殺仕事人2007の感想
(自分含めて)必殺シリーズが好きな人から見たら、2007はやっぱり酷いな(苦笑)

やっぱ非難の多いところは新キャストのジャニ系3人。
元々、仕事人は万人受けするために二枚目キャラを投入したりしてたくらいだから、話題作りの為に演技の上手い下手に拘らずジャニ系を入れたことは必殺シリーズに限定すれば私は抵抗感は無い。
ただね、そうだとしてもやっぱ演技がなんて言うか軽い。良くも悪くも現代的な演技とでも言えば良いのかな。現代劇ならきっと許容されてしまうんだろうというような感じ。(それが肯定される所かは不明。近年、ドラマの視聴率降下ぎみですしね。)東山と松岡の演技は、大して思慮も無く「カッコいいー」なんてキャーキャー騒ぐ分には良いのかも知れないが、必殺シリーズのカッコ良さはそういう次元にある物じゃないわけで。(次元が違うというのはレベルが違うというわけじゃないのであしからず。)
「具体的にどういうこと?」と聞かれると説明し難いが、例えば勇次や竜の流し目と松岡のそれは全然話にならない。中村主水の表の顔と裏の顔及びそのギャップは東山じゃ比較することすら藤田まことに失礼なくらいだし。というより藤田まことがいない方が良かったんじゃないか?一応、映画版で死んでるんだし。藤田まこと(と中村家と悪役)がいるせいで、余計に演技の軽さや下手さが露になってるくらいなら。
とは言え、中村主水がいなければ「仕事人」の名前を冠せず、必殺○○人と新しいタイトルにする必要があり、そうすると、いよいよ「酷い」を通り越して見るに耐えない、見る価値も無いと評価され、必殺シリーズは完全にジャニに汚染されたと騒がれるだけだろうしなぁ。
そうそう、「仕事人」の名を冠しているのに、中村主水じゃなくて東山が主人公だったところは気に入らない。あくまで「仕事人」は中村主水が主役なんだからさ。

あと、演技が子役以下の茶髪は論外。
(ただ、「時代劇に茶髪!」と叩いていた人もいたけど、その点はあまり違和感無かったですけどね。勇次や竜の派手衣装や映画版「中村主水死す」でラメ入りの衣装着たくのいち集団とかから見れば髪の色なんて取るに足りないw)

一つに目に力がある役者を起用できなかったもんかね。勇次然り壱然り。

次に演出に関しても酷い。
無闇にCG使いすぎ。役者の軽さの相まって、余計に軽く見える。
必殺シリーズといえば殺しのシーンでの演出は素晴らしく、中でも影の使い方も巧妙だったが、2007もやろうとしているのはわかってるんだけど、、やっぱ軽い。
無意味な間や小芝居も多かった。スタッフの自己満足か、あるいはジャニファンへのサービスカットなのかはわからんけど。
役者のレベルの違いなのかも知れないけど、カッコ良く見えないんだよね。台詞なんかにしても、必殺の過去作と比べると、今作はホストやヒモと変わらんし。中村主水が殺す相手に送る台詞なんか毎回良かったもんだけど。


殺しのシーンは、水戸黄門や暴れん坊将軍ばりの殺陣を入れるなと。それはランボーだと。必殺は暗殺者なんだから。
歴代の必殺シリーズに多人数相手の殺陣が無かったとは言わないが、そういうのは10話あって1話そういうのがあるなら良いという感じで、相手全員が暗殺対象か、よほど何かあった場合にあって、無闇に入れるシーンじゃない。

今回新たに追加された暗殺手段は賛否両論あるみたいだけど、私は有りかなと思った。投石器やバズーカに比べれば遥かにマシだし。
CG使わなければ、全然許容されてただろう。茶運び人形は正直、その必要性がわからなかったが。
でも、筆は駄目ですけどね。てっきり先を硬くし毒を仕込んだ筆で相手を仕留めるか、毒液を飛ばすだと思ったら、額に文字だか絵を描いて殺すなんて。アホかと。単なるオカルト。あくまで使い方次第ではまともな手段に成り得ただろうという意味で筆はありだと。

ただヒモ系は欲しかったなと思う。正直、歴代シリーズ見ても殺しのやり方には二番煎じが多いから、今回も殺す方法は二番煎じだろうと思ってた。そして、二枚目といえばヒモ系。
必殺シリーズで許容されているところは新機軸で、もっと力を入れないといけない肝心な所は、BGMは使いまわし、まんま中村家をパクった渡辺家、演出は単なる劣化版。酷いなぁと。


あと最後に、東山のインタビューを見ると、必殺の暗殺者を正義の人とか思ってるみたいだけど、必殺は正義じゃない。あくまで必要悪。だから、金を取るし、地獄で会おうと言うわけで。
そういう根本的な間違いで演技してたら、余計に歪んでしまうんじゃないかな。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。