プロフィール

EULE

Author:EULE
最近はBLACKLAGOONの大尉も良いなと思ってる少佐が好きなHLEESINGのファン

月姫やFateが好きでも「あくまで那須きのこが好きなのであり、オタクではない!!」と強弁する

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

境界線
マンガや書籍、あるいは映画やテレビの感想や考察
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バッカーノ(アニメ)の感想
最近、何故か知らないけど、アニメのバッカーノがニコニコで人気みたいですね。
粗製乱造のアニメ業界の中で、かなり良い出来だと私は思ってるんですが(アニメあんまり観ないけど)、あんまり有名じゃなく、評価も良くなかった。で、それが放送終了後2ヶ月経ってニコニコで名が上がってきてる。まあ、実際に面白い作品ですから広まることは良いことなんですけど。

別に著作権侵害を正当化するつもりは無いけど、
本来、ニコニコなりyoutubeなりステ6なりに公開されることは、アニメにとってマイナスと考えられている。そりゃ、直接的には何のメリットも無いから。
でも、こうやって再評価されて、しかもニコニコ市場見ると、DVD第一巻を買った人が200人超えてる(今見ると300人近くになってるな)。一概に「デメリットしかない」って結論下すのは短絡的じゃない?>カスラックetc・・・

大体、良い作品なら買うって。俺もお金に余裕があったらバッカーノ欲しいし。(俺が金無いことは置いといて、1巻で2話しか収録されてないで、5000円はぼったくりだと。全13話だから全部そろえるとすれば3万5千円くらいかなぁ。24なんか24話なのに、BOXで2万円だというのに、その半分が1.7倍ってのはなぁ。DVDって言ったら、24以外はせいぜい1500円の洋画の廉価版しか買ってないし、それしか買えない_| ̄|○)

というか中間搾取が酷いんですよね。よく言われるのは広告代理店とか。
でも、実際に一番搾取しているのは地方局だったりするんですが、その地方局は無駄に多い気はする。

と、話が脱線して政治系に走ろうとしているので軌道修正。今更、バッカーノ(アニメ版)の感想を。

ストーリーに関しては元の小説が良いから、まあいい(適当)。
とはいえ、原作が良くてもアニメ化の際に、尺の問題とか理由つけて肝心な部分をもぶち壊すってことはよくあるので、その点を考慮すると、オマケ程度の1932年に大幅な改変が見られること以外は、概ね許容範囲だろう。人物描写も良いし。クレアとかルッソとか、イメージ以上(苦笑)、アイザックとミリアの掛け合いも素晴らしいw
構成については映画で例えるならタランティーノ作品?
時系列を無視したいくつかの時代(大筋は、1930年と1931年に、やや1932年。例外で1711年。)を織り交ぜて、同じ時代の話さえも時に説明無しでバラバラに混ぜるせいで、所見の人はおそらく大概混乱する。幸いなことに自分はこういう振り回しに慣れている、というかこの話の裏で実はこういう展開が!ってのは好きな構成だから全く気にならないけど、何でもこういう構成を嫌う人が多いそうで。
ま、それはともかく、そういう前半の混乱に耐えられれば、後半の伏線を回収しつつ物語が綺麗に収束されていく様に魅入られることでしょうし、改めて1話から見直すと、見落としていた伏線にも気がつくと。その他、BGMも良いし、テンポが良いから、特に1930年のクライマックスなんか素晴らしいね。(ただ、あそこはマイザーとセラードが路地に飛び出した辺りから通して見たい気もしたのが率直なところであるが。)
あと基本的に声優には拘らないけど(ってかアニメみないから、映画の吹き替えやるような人を除いて声優自体あまり知らない。)、そんな人間が見て、どの登場人物も「あっ、聞いたことがある」って思うくらい豪華なキャスト。何でも監督が自分へのギャラを減らしてまで声優に金かけたって言うんだから凄いわな。特にミリアとルッソは良いわw 逆に副社長が第一話ってのは残念な気がするけどw

そういう構成や演出、豪華な声優によって、普通なら白けてしまうようなセリフやシーンがちゃんとした形として現れる。
もう、ホント、普通なら厨二病だの邪気眼だのとしか言われないようなクレアとか、ラストのフィーロがエニスの名を聞くところとか、ニヤニヤがとまらないw

まあ、そんなこんなで、2期を希望したいところだが、あんまり売れてないらしいから難しいところか。(DVD買わない人間がいうセリフじゃないけど。)2期をやるとすれば、1933年と1934年の同時進行なのかな。1934年だけで1シリーズ作れそうだけど、そうするとヴィクターによる監獄送りの理由やクリストファーを初めとする「吸血鬼」が何の脈絡も無く登場してしまう。。


あとバッカーノをカウボーイビバップOP風にしたMADとか作ってみたいんだが、はてさて。一応、まだ作られた気配は無いようだが、、
これでニコニコでバッカーノの知名度が上がったから今作ってる人いるだろうし、私が作ろうとしたら鈍行だから否応無しに二番煎じだし、何より誰も気にしないと。
スポンサーサイト
「ラッキーナンバー7」の感想
アメリカではあまり評価が良くなかったらしいが、昨今のつまらない映画が蔓延する中、中々の良作じゃないかなと思ったんですが。(まあ、暇つぶしに見る分にはいいんじゃないかと。でも、暇つぶしに見ようとすると前半の緩みに耐えられるかな?)

とにかく場面場面で流れが違う。
突然、何の説明も無く人が死んだかと思えば、ウィリスが初対面の男にとある話を語る、かと思えばついてない主人公が現れ、コロンボ好きな隣人が推理を始める。
そういう振り回しに慣れてない人は退屈するかもしれないが、そこで振りまかれた伏線が最後に綺麗に回収されるのは10年かけて作っただけあって上手い。

ただ、細かい所を見ると気になる点がいくつかあるのは事実なんですけどね。
例えば、作中でグッドキャットが幼いスレブンを助けた理由が明示されてない。グッドキャットが組織を離れた理由も同じく。結局、グッドキャットは何がしたいのかわからない。
また、刑事の必要性が描き切れてない気がする。伏線は張ってあったし、最後の最後で綺麗にはまったけど、「いなくても良かったんじゃね?」という感じがした。舞台から孤立してたのに、何の脈絡も無く主軸に関わってきたというか。

でも、まあ、下馬評に反して面白い映画だった。60点かな。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。