プロフィール

EULE

Author:EULE
最近はBLACKLAGOONの大尉も良いなと思ってる少佐が好きなHLEESINGのファン

月姫やFateが好きでも「あくまで那須きのこが好きなのであり、オタクではない!!」と強弁する

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

境界線
マンガや書籍、あるいは映画やテレビの感想や考察
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今更、「ひぐらしのなく頃に」の感想
去年、ニコニコの方に「ひぐらしのなく頃に」と「必殺シリーズ」を掛け合わせたMADを投稿してるのですが、正直、ひぐらしは好きではない。


ひぐらしを初めて知ったのは、初期3作(鬼隠し・綿流し・祟殺し)のセットを友人に教えてもらったからで、それで鬼隠し編だけはやった。

基本的に古典ミステリのファンで、そうであることを知っていた友人が解決編が無い推理ノベル(推理することがゲーム)、つまり初期の触れ込みで紹介してくれたのだが、実際、鬼隠し編だけやった感想としては、ミステリファンだからこそ、これは受け入れられない。というのが率直な感想だった。

まあ、ぶっちゃけ解けなかっただけというのもあるかもしれないが、どうしても圭一の最期を理詰めすることができない。なんとは無しに、叙述トリックが用いられてるとは思ったが、それにしたって圭一の最後の言動は説明がつかない。それで、もう、これは一般的ではない薬物か何かが使われていると判断して解くことを諦めた。実際には「一般的ではない」どころか、「架空の」物だったわけですけどね。

私は古典ミステリのファンと言っても、コナン・ドイルよりアガサ・クリスティーの方が好きな人なので、厳密なルールにはこだわらない。ただ、それでも推理小説としてのフェアは守られるべきだ。「アクロイド殺し」なんて当時は外道と酷評された物だが、ちゃんと作中に全ての手がかりが提示され、読者に対してフェアだった。

だが、ひぐらしは、ヴァン・ダインの二十則をして、叙述、未知の薬物、暗躍する大規模な組織の3つを破ってる。一つや二つ(場合によるが)なら許容もするが、これはさすがに破りすぎで、アンフェア。
こんなもんミステリファンからすれば邪道も良いところなんだが(まさにミステリを知らない人間が書いたシロモノ)、初期の触れ込みはミステリファンに挑戦するかのようなもの。酷いったらありゃしない。
挙句、ひぐらしファンは、ミステリ作家・批評家の大御所が評価してない、知らないことなどを指して同人だと馬鹿にしているとか何とか言う始末なんだから、笑えない。

ただ、平和的な日常が変貌し、猟奇殺人の舞台になるというプロットは見事だと思う。
そういう意味で推理小説としては全く評価に値しないが、その展開手法においてはカタルシスを味わえる良い作品で、そこが評価されているのだと思う。

映画が公開されるが、だからこそ、あくまでプロットを前面に押し出すべきで、初期に比べて鳴りを潜めたとはいえ「本格的な推理要素を導入」みたいな謳い文句で宣伝を行うのは外道じゃなかろうか。
1977年の「八つ墓村」みたいに、ミステリ(推理)じゃなくてあくまで「オカルト映画」という立場で製作して宣伝するべきなんじゃないかと。
(まあ、実際には、この「八つ墓村」がどういう宣伝を為されていたのかは知りかねますけどね。生まれる10年前の映画ですし。)



一番笑った漫画あれこれ
■一番笑った漫画 1位『銀魂』 2位『ONE PIECE』 3位『稲中』 『マサルさん』  痛いニュース(ノ∀`)
オリコンの順位なんて、選んだ人間の理由を見るまでも無くどうでも良いが、スレにも、コメントにもホーリーブラウニーが無いのはショックだ。
あのギャグで、パロで、ブラックで、エロで、時に哲学的で皮肉的な作品は早々比肩する物が無い。
まあ、元々、成人向け雑誌に掲載されていて基本性描写が入る、特に極初期はギャグよりもそっちがメインの作品だから、1巻から読もうとするとまず敬遠されてしまうのだけど。
性描写が無い話が出てくるのは(それでも女性の裸は出てくるが)2巻の終わりの電波娘で、完全に性描写が無いのは、3巻の車椅子男。だから、まあ敷居が高い。

ただ、2chですら名前が出てこないのは、残念だ。本当に残念だ。

で、ホーリーブラウニーの宣伝はこの辺でやめて、
ワンピースも銀魂も好きな漫画だが(コミック買ってるし)、「一番笑った漫画」って問われると疑問符が。

まあ、確かに笑えるところもある。
ギャグ漫画である銀魂は言うに及ばず、ワンピースも、ついこないだだと、サンジの手配書ネタやったり(細かいギャグから、例えば一面使ったエネルがルフィに電気が利かなくて驚くシーンとか、いきなりこられて、つい立ち読みで噴出したこともあるけどさ)。

でも、笑える漫画かっていうとなぁ。
ワンピースを選ぶんだったら、封神演義の方が笑えるような。銀魂も、あれが何が面白かって言うと台詞回しが上手いことなんだよな。それはそれで1つのポイントだけど、ギャグその物はパロディが多いし。(もっともギャグその物じゃなくて、台詞回しの方がポイントが高いから、普通なら白けるような取ってつけたような良い話を差し込んできても、許容できるんだと私は思う。)

ただ笑ったというのに絞るなら、ボーボボ、ジャガーが出てくるが、この辺りは不条理ギャグで、これはこれでピンと来ない。

笑った漫画というより、笑える漫画を、記憶に残らない物より、記憶に残る物を。

そうくると初期のスクランかな(特に4巻を一番笑ったな)。劇画とまではいかないが、登場人物のリアルな顔アップのコマが出てくるまでは面白かった。比重がギャグから恋愛漫画に傾いてから酷くなってる(とは言え今でも播磨と沢近の絡みは面白いんだが)。そういえば、同じマガジン系なら、脳みそプルン!の戦国ハイスクール信長は忘れられない。

自分なりの順位
1.ホーリーブラウニー
2.スクールランブル(初期)
3.脳みそプルン!(戦国ハイスクール信長)
ゴルゴ13(アニメ)第1話の感想
舘が声優ってのは、そもそもゴルゴは台詞が少ないから、あんまり気にならなかったが。(だけど、イメージだともっと渋い感じなんだよなぁ。そこまで渋くないとしても大塚明夫さんあたりの方がイメージにあったんじゃないかなと。)

まあ致命的なのは、BGMが合ってないというか変というか。
原作通り、ハードボイルなのを出そうとしたんだけど、やっぱアクション性も出そうとして、結果中途半端になりました、みたいな。(OPもEDも歌いらない。歌つけるにしても、未だカイジのEDの方が雰囲気だけならあってんじゃないか?)

その関連で一番の見せ場である狙撃シーンも何か中途半端。
下手に弾の弾道なんて見せなくていいから、トリガー引いたシーンの次は、もうターゲットが死んでるくらいにした方が良いと思うんだけどなぁ。

あと、飛行機の位置がずれた時の武器屋のオヤジの言動にかなり違和感が。
「世にも奇妙な物語 春の特別編(2008)」の感想
今回は、近年、酷い続きだったのを考えれば、中々面白かったと。

特に、「さっきよりもいい人」と「日の出通り商店街 いきいきデー」は、視聴者が展開を予測する行為その物への挑戦とも受け取れる内容で、オチを予想して楽しむ自分みたいな人間にとっては中々良かったw(まあ、前者はともかく、日の出通りは、基本的にオチを読む話じゃないけど。)

「透き通った一日」も、ありきたりなオチで終わると思いきや、最後に教頭で笑わせてくれたのが良かったですしね。教頭で誤魔化したとも言えなくも無いですが、でも、何の味気も無く終わるよりはよっぽど良かった。

バランスも良かったし、冒頭で述べたように今回は久々に及第点ってところじゃないでしょうか。


では、個別の感想。
■さっきよりもいい人
まったく救われない話だなw
オチの予測って意味では、結局、プロポーズも失敗なんだろうなと思っていたら案の定そうでw
ただ、そこからノーベル賞受賞までは思いつかんわ。「今日の占い」がキーだったんだから、あくまで1日だけだと思ってたしw

何らかの抜け道があれば良かったのになあと。ラッキーカラーは赤ってのが、重要な伏線だと思ったのに(苦笑)


■これ……見て……
展開が読めすぎる。
まあ、クライマックスへの布石である冒頭の図書館で本棚の向こうの彼を追っていくシーンで「ストーカーだ!!」なんて観てたから、「合鍵を貰った」じゃなくて「合鍵を作った」という台詞で、もう最後までね・・・・・・。合鍵の台詞はちょっと気をつけてればすぐわかるんだから、それよりも前にストーカーだと思わせるような描写は入れるべきじゃなかったと思う(それでも視聴者を騙せるかどうかだし)。

そんな感じで終始展開がミエミエの話だったが、あの謎の少年というキャラクターのおかげで雰囲気が変わる。
だけど結局、少年の正体は明かされないどころか、後半は無視。最初の警察官とのやりとりも描き切れてないくせに、ラストはそのまま終わらせるから、みんな中途半端。
タイトルや前半見ても、どう考えても視聴者が主に考えるは謎の少年の方なのに、結局「主人公がストーカー」だったとバレバレのオチで押し切る。つうか、使い古されたオチに新しい要素求めて少年出したんだと思ったら、使い古されたネタを誤魔化すために少年出したみたいで。
こんなありふれたオチで視聴者が満足すると考えてたとしたら、視聴者を馬鹿にしすぎてるよ。

まあ、一重に脚本が酷すぎたって感じかね。ありきたりとはいえ、そこそこ面白い要素があっただけに惜しいな。


■日の出通り商店街 いきいきデー
本田さん何してはるんですかww

これは、もう、そもそもがギャグ回なんで一々感想なんて野暮ですねw
(予想では、ラスボスが妻なんかなぁみたいに思ってましたけど、外れて残念w)


■透き通った一日
「これ・・・見て・・・」同様に簡単に展開もオチも読める話。
社会の理不尽さを描写する作品なら今までもあるし、そして他ならぬ自分もその一つに過ぎないってのも過去にあるしね。(最後にタモリが「人は自分がいじめられた記憶は持っていても、自分がいじめた記憶は案外無いものです」みたいな台詞を残したり。)

ありきたりとはいえ、別に致命的な何かがあるわけでも無いし、特別何の感慨もわからない話ってところでしょうかね。
だけど、最初に述べたように、最後の教頭オチのおかげで、随分救われた作品w
(あと、父親の倒産と母親の不倫は事実なんだよね、、)


■フラッシュバック
まあ、その日常が既に仮想体験であるってのは予想通り(これも過去に何回かあるネタ)。

ただ、今回登場した仮想体験装置の設定は上手いなと。
基本的にこういう近未来科学の産物(?)みたいなのが出てくると、どうしても非現実的に見えてしょうがない。設定で押し切る感じでリアリティを出そうとしない。
だけど、今回のそれは、意短くも、この装置の来歴を説明するシーンがあるおかげでリアリティがある(無論、その設定に現実性があるからだけど)。

だからこそ、最後に主人公の正体が明らかになるシーンに一定の重みができるわけで、そういう意味では同種の作品の中では上位の方だったと思います。

テーマ:世にも奇妙な物語 - ジャンル:テレビ・ラジオ

「プレステージ」の感想
まず、先に言うと、超科学が出てくるのが大きな失点。
少なくとも、観客は現実的な物語だと思って観てる(実際、ニコラ・テスラが出てくるし、名前だけならエジソンも出てくる)。まして題材は手品だ。どんなに、魔法に見えても、必ずトリックがあるという前提があるから、物語に意味がある。なのに、そのトリックが超科学で解決されてしまうならば、もう、言葉では言い表せない程に酷い(付け加えるなら、それに相対するボーデンのトリックも、また非常に単純な、ミステリーだとヴァンダインの二十則で禁止されてしまう程に安易な物だったから余計にがっかり。まあ、単純だからこそ物語に意味があるのだけれども)。

ただね、それでも私が上手いと思ったのは、ちゃんと作中に全部手掛かりが出されていること。超科学にしろ、ボーデンのトリックにしろ、ちゃんと作中に出てる(もし装置がちゃんと動いていたら帽子があそこにあるはずが無いもんね!「また、出血したの」もひっかかったんだけど、それが何を意味するかまで気付けなかったのが悔しい)。まあ、演出という点ではこの映画は確かに一頭飛び抜けていると思う。

ストーリーラインに関しては、大して考えずとも展開は読めるし、アンジャーの仕掛けた罠とか、装置を買いたがるコールドロウ卿の正体とか簡単にわかる。もっとも、先の超科学という点で「果たして、そうそうアンジャーの替え玉の酔っ払いが何人もいるものなのか?」と考えたけど。

まあ、そんな感じで、もしストーリーを文章で羅列するだけなら、おそろしく酷い映画。点数つけるなら30点もしない。ただ演出が上手い。
当時の時代背景が上手く描かれてるから、結果として超科学を使っているとしても、作品にリアリティを与えているし、話の肝である2人の確執ってのも人物描写が上手いから、こういうライバル関係を描いた作品の中では秀逸な部類に入る。ただ、ドロドロしすぎて、逆にどっちにも感情移入できないのが難点なんだが。そして、その2人の関係を通して描かれるマジックとは何か、マジシャンの心情ってのがこの映画における最大のポイントだろうね。ハリー・カッターことマイケル・ケインも良いし。
そして、トリックがわかっても、結末がわかってても、逆にわかってるからこそ、作品の中に埋め込まれたキーを見つける楽しさもあるし(まあ、公開時はそういう触れ込みだったらしいけど)。

そんなこんなで、非常に観終わった後、色々ともやもやする映画。
「なんだこの展開が読める映画は」と来て、軽くひっくり返されて、こんなの卑怯だと思いつつ、確かに手はオープンされてたわけで。上手いけど、上手いんだけど、何か後味が悪いつうか。先に述べた2人の確執がドロドロしすぎて感情移入できないってのも後味の悪さに拍車をかける。ただまあ、最低二回観て、楽しめる感じ。点数で70点(2回観れるからちょっと高めで)。


結局、ボーデンのロープは事故だったのだろうか、故意だったのだろうか、、、

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。